《完全版》 認可保育園の入り方/選び方

認可保育園の種類

Technology

———————————

■認可保育園の種類

———————————

認可保育園も2つの種類の分別されます。それは、市区町村の公立認可保育園と、

それ以外の私立認可保育園です。

公立認可保育園は公務員による運営の為、運営費が私立認可保育園よりも高くなりがち

です。そのため、公立認可保育園は古くて、最近では私立認可保育園の設立がめだつ

傾向があります。

公立認可保育園の園長は公務員であることにくらべ、私立認可保育園はそうではないことも

あり、入園に対する基準も、私立認可保育園のほうが柔軟(=工夫次第では入りやすくなる

傾向が強い)といえます。

———————————

■先ずは保育園の財源を知ろう

———————————

□認可保育園の財源は?

1/2を国から、1/4ずつを都道府県と市区町村から出ているため、利用者の負担は月額数万円/1児童とやすくなっています。

□認証保育園の財源は?

都道府県と市区町村から出ているが、国からはでないので、利用者の負担は月額5万円以上になります。

□認可でも認証でもない保育園の財源は?

都道府県からも市区町村からも出ない為、すべて利用者からの保育料で成り立っています。そのため利用者の負担は月額5万円以上10万円あたりするところもあります。

ただ、0歳児を1人あずかると、認可保育園は0歳児1人当たり30万円弱、認証保育園でも一人当たり20万円弱は掛かるのが普通の様です。

それにも関わらず、認証保育園や認可外、認証外保育園が30万円も掛からないのはどうしてでしょうか?

それは、認可保育園が広い敷地や多様な施設をもっているからです。認可保育園の広さに比べると、認可外、認証外保育園の敷地の狭さ、こじんまりとした感じが見て取れると思います。

やはり、経済的にも、子供にとっても、認可保育園でのびのびと育ってほしいものです。認証保育園や、認可外、認証外保育園の(概して)ストレスのかかる場所よりかは、成長にもよいはずです。


求職中/休職中や共働きでも入れる、待機児童時代の倍率・点数・コネ・裏口・クチコミ(口コミ)情報に左右されない入園方法
Return Top