《完全版》 認可保育園の入り方/選び方

認可保育園に入る工夫事例2

3歳と1歳の母です。

現在、東京都千代田区の同じ認可保育園に二人とも預けています。
上の子を入れる頃、もともと千代田区は待機児童が少なく、入りやすいと言われていました。

それでも0歳児クラスから申し込んでおかないと難しいかも、という噂はママ友の間でありました。私の場合、主人が法人の代表を務めており、パートとして総務部に所属してました。

自営業扱いの上、雇用形態もパートタイム、しかも実働4時間なので申し込んでも入園は厳しいだろうとは思っていました。

しかし4月入園での申し込みだったこと、園がその年の4月より新規開園だったこと、そしてこども園として開園するため、学区域のこどもを優先的に入園させること、そして私が育休中ではなく自宅でこどもを見ながら仕事をしていたこと(自営のため)、これら4点の偶然が重なり、たまたま入園できたようです。

当時は新しい保育園を建設していたことも、自宅がその園の学区域内であることも知らず、その情報もママ友から教えてもらって初めて聞いたくらい、保育園に関して何の事前学習もしていませんでした。結果的にラッキーだったのかもしれません。

下の子の申し込みの際は育休中でしたが、生後2ヶ月から同じ園への申し込みをしていたため待機児童扱い(+2点)、兄弟初めて姉妹ポイント(+3点)のおかげで無事に4月入園できました。

上の子8点(0歳児クラス)
下の子13点(0歳児クラス)

やはり保育園に入れやすいタイミングは4月入園で、確実に入れたい場合は、すぐに復帰する予定ではなくとも(私は入れられるならすぐに復帰希望でした。)、生後早い段階で申し込んで待機児童に入れておくのがいいのかと思います。


求職中/休職中や共働きでも入れる、待機児童時代の倍率・点数・コネ・裏口・クチコミ(口コミ)情報に左右されない入園方法
Return Top