《完全版》 認可保育園の入り方/選び方

認可保育園に入る工夫事例3

島根県の保育所に子供3人を途中から入れました。長女5歳。長男3歳。次女2歳の時です。隣町のアパートから、新築一戸建て住宅に引越ししたため12月の中途になりました。

市役所に行って申し込みの手続きをしようとすると、希望した保育所はいっぱいで入れないとのことでした。入れても職場も自宅も遠い保育所しかなく、がっかり。一度はあきらめて帰宅しました。

しかし知り合いの人に、市役所は強く言えばなんとか入れてもらえると聞き、再度挑戦。以前の住んでいた町の役場の対応の素晴らしさと比較したり、せっかくこの市を選んで新築したのにと延々と文句を言いました。

ちょうど合併問題で揺れていた時期でしたので、担当職員は上のものとかけあってみると言われ、あっさり入園のOKが出たのです。

なんだ。最初から入れるじゃないか。役所っていいかげんなものなのですね。実際に保育所に入ってみると、余裕の広さに余裕の人数だったのです。驚きましたね。

その後、困っているお母さんにこの方法を伝授しました。最初は断られたお母さんたちも次々と入園でき感謝してもらえましたよ。中途で入れたのは本当にラッキーでした。しかも3人も同時に入れて職場にも自宅にも近かったので卒園までそこでお世話になりました。


求職中/休職中や共働きでも入れる、待機児童時代の倍率・点数・コネ・裏口・クチコミ(口コミ)情報に左右されない入園方法
Return Top