《完全版》 認可保育園の入り方/選び方

認可保育園への入り方(体験談1)0歳児からの入園がおススメ

“待機児童の多い地域で、認可保育園に入所するのは、至難の業です。しかも、通勤に便利な場所にあり、園の雰囲気の良いところに入れたい、というのはかなり難しいといえます。

認可保育園へ入るための条件としては、以下のことを満たすことが最低条件です。

祖母、祖父が同じ区内(市内)に住んでおらず、さらに、その祖母、祖父がフルタイムで仕事をしていて、保育の援助ができないこと。父親、母親がフルタイムで仕事をしていて、通勤場所が遠いこと。

さらに、夫婦の世帯収入が低いこと、父親又は母親が離婚又は死亡により、片親の家庭であることという条件があると、優先されます。そして、これから入所予定の子供に兄弟がおり、その兄弟が既に通っている保育園には、優先的に入れるようです。

育児休暇を終えて、子供が1歳になってから職場に復帰するお母さんが多いと思いますが、認可保育園に1歳児クラスから入所するのは難しいでしょう。できれば、出産後すぐに職場復帰し、0歳児クラスから入所させた方が、入りやすいようです。

一度入所が決まれば、追い出されることはそうありませんので、どうしても仕事を続けたいという気概のある方は、0歳児クラスから入所されることを検討されてはいかがでしょうか。


求職中/休職中や共働きでも入れる、待機児童時代の倍率・点数・コネ・裏口・クチコミ(口コミ)情報に左右されない入園方法
Return Top