《完全版》 認可保育園の入り方/選び方

認可保育園への入り方(体験談4)一時保育を利用しなが空きを待つ

“共働きで面倒を見てくれる家族が傍にいない場合は
安心して働くためにも保育園へ入園を希望する方も多いと思います。

私の場合は9月に出産した直後から1月より仕事復帰予定ということで役所に何度か足を運び、一時保育や休日保育などを行っている地域の私立の保育所を紹介してい頂き、
そちらの先生に切羽詰った状況をお話しし相談をしました。

当時は大阪市内で待機児も多い地区にすんでいたこともあり
最初は、4月の募集に応募をして待つように言われたのですが
その時は必死でしたので他に多少お金がかかっても1月から預けることはできないかと
食い下がりどういった方法で預けることが可能なのか
また、職場とも話し合いを行なってどこまで調整できるかということで
1月は一時保育で預けて週3日勤務をこなしながら対策を練りました。

そうこうしていると、転園児が出て2月から通常のクラスでみてもらえることになりました。
一時保育は一日幾らという計算ですので通常の料金よりも割高ですが
一ヶ月それでお願いしたことで結果としてほぼ希望通り認可保育所に入ることができました。

後から聞くと運が良かったのだと知ったのですが4月まで待っても入れたか
どうかは分かりません。

多少無理してでも仕事を続けながら保育園探しをすることで優先的に
入れるのではないでしょうか。

また、その地域で有力な保育園へ何度か足を運び相談することも大事です。

顔を覚えてもらうことで一声掛けてもらえることもあるでしょう。
落ち着いてから途中入園の子らはほとんど一時保育利用者と聞き、
皆必死で探したんだなと感じました。


求職中/休職中や共働きでも入れる、待機児童時代の倍率・点数・コネ・裏口・クチコミ(口コミ)情報に左右されない入園方法
Return Top